観る・遊ぶ [博物館・歴史]

博物館・歴史

明宝歴史民俗資料館

〒501-4303 岐阜県郡上市明宝気良154    TEL 0575-87-2119 (明宝地域教育課 Tel.0575-87-2211 Fax.0575-87-2386)

かつてあった小学校の校舎を、民俗資料博物館として昭和52年に設立。おもに村民の方々に提供していただいた生活用具を中心に、約47,000点あまりが収蔵されています。

詳細

無料休憩所 磨墨庵

〒501-4301 岐阜県郡上市明宝大谷1015

明宝気良の地で790年間燃え続ける「千葉家のいろり火」から火種を
分けた火を同じように毎日絶やさずいろり火燃やし続けています。

詳細

千葉家のいろり火

〒501-4301 岐阜県郡上市明宝大谷1015 (磨墨の里公園内 無料休憩所 磨墨庵)

 明宝気良の千葉孫兵衛さん宅には、現在約790年も燃え続けているいろり火があります。この火種は、承久三年(1221年)に火打ち石で点火されたのが始まりで、以来代々家長が責任を持って受け継いでおり、一度も消えることなく守り続けてきました。

詳細

名馬 磨墨 (名馬磨墨 生誕の地公園)

〒501-4303 郡上市明宝気良

 歴史に名だたる宇治川の先陣争いに梶原源太景季が乗った名馬「磨墨」は、古来わが明宝気良の産と語り伝えられている。
 今からおよそ八百年前、某家の牝馬が気良の北方烏帽子岳の麓、巣河の地において天馬の種を宿し生まれたのが磨墨である。その名のとおり色あくまで黒く精 悍な容姿であった。磨墨は、毎朝自分で厩栓棒を外し巣河に向かって走り、蘭とも蛍草とも言われる霊草を食み、大滝の奥の乳白色の霊泉を飲み、形質ともに類 のない駿馬になった。
 

詳細